2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

野草1208

2012年8月31日 (金)

メタカラコウ

Dsc00496_3

まだ蕾が多い中、咲き始めたメタカラコウに色んな蝶が吸蜜してました。

2012年8月30日 (木)

エビヅルとミシマサイコ

Dsc01877

エビヅル

Dsc01848

ミシマサイコ

2012年8月29日 (水)

キツネノカミソリ

Dsc02726_2

Dsc02718_2

少し遅めでしたが、この地でこれだけ咲くのを久しぶりに見ました。

2012年8月28日 (火)

シャクジョウソウ

Dsc02702

Aモデル

Dsc02675

Aモデル

Dsc02600

Bモデル

Dsc02657

Bモデル

Dsc02629

Cモデル

2012年8月27日 (月)

入笠に咲く花たち 最終章

Dsc02377_2

ウメバチソウ

Dsc02357_2

コバギボウシ

Dsc02364_2

ツリガネニンジン

Dsc02470

ソバナ  存在は知ってましたが初見です、以外と大きい花弁でした。

Dsc02535_2

ホソバトリカブト

Dsc02352

ノコギリソウ

Dsc02428_2

カワラマツバ

Dsc02539

キツリフネ

Dsc02404

シナノオトギリ

Dsc02457

エゾカワラナデシコ

Dsc02455

ヤマハハコ

Dsc02345

Dsc00418

フシグロセンノウ

Dsc00378

マルバタケブキ

おまけ

Dscf4045

クジャクチョウ

Dsc02317

Dsc00434

入笠湿原  中央赤い屋根が山彦荘、右側の駐車場にマイカーが見えます

Dsc02265

あの感動をもう一度!

今回の入笠山の花旅は本当に恵まれました感謝ですね、来年もおそらく

何度も訪れると思いますが、いつまでもここに咲く草花に残っていてくれる事を

祈って今回のシリーズを終了します、 ご覧戴きましてありがとうございました。

2012年8月26日 (日)

ハナイカリとタチコゴメグサ

Dsc02339_2

:

Dsc02337_3

ハナイカリ

Dsc02529_2

Dsc02527

タチコゴメグサ

何時もは別の場所で撮るのですが、ここで出会えて良かったです

入笠散策ガイドBOOKにハナイカリは載っていますがタチコゴメグサ

は載ってないのでラッキーでした、ちなみに別の場所のハナイカリは

8月25日現在咲いて無いと情報戴いてます。

2012年8月25日 (土)

クサボタン

Dsc02416

Dsc02443

Dsc02425_2

Dsc02440

Dsc02437

先回訪問した時に 葉の確認は出来ていたのですが、まさかピンクとブルーが有るとは同時に二色見れて

ラッキーでした。 ネットでピンク花を調べましたら「ドイトガーデニングブログ」にクサボタンのピンクが載ってました

園芸品種のクサボタンの名前が「入笠山」と付けられてます母株がこの山から由来した事によると記されていました?

2012年8月24日 (金)

朝霧の中に咲く

Dsc02464

エゾリンドウ

Dsc02491

マルバタケブキ

Dsc02509

キオン

Dsc02517

マツムシソウ

Dsc02514

コオニユリ

まだまだ続く 入笠に咲く花シリーズお楽しみに

2012年8月23日 (木)

クサレダマ

Dsc02269

Dsc00322

Dsc00326_2

朝日は揚がってますが湿原は山に囲まれてますので陽は中々差し込みません

Dsc02274

Dsc02324

アキノキリンソウと

Dsc02286

Dsc02320

Dsc02322_2

お日様が差し込んできました、逆光で

2012年8月22日 (水)

コオニユリとヤナギラン

Dsc02502

Dsc02487

コオニユリ

Dsc02238

ヤナギラン  葉は虫食われ、こんなモデルも絵になります

Dsc02482

ヤナギラン  終盤です花穂の下部が種子に、霧が何とか雰囲気を出してくれました

Dsc02240

山彦荘の前から湿原を       右は キク科の ゴマナ  左は オオマツヨイグサ