2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

信州の野草めぐり

2012年6月14日 (木)

スズラン&ベニバナイチヤクソウ

Dsc08154

スズラン

Dsc08120

ベニバナイチヤクソウ

Dsc08141

別の場所で

2012年6月13日 (水)

八ヶ岳山野草園

Dsc08079

アサギマダラ

Dsc08078

Dsc08072

ヤマオダマキ

Dsc08104

コンフリー

Dsc08059

ヤマブキソウ

2011年6月12日 (日)

信州野草めぐり  入笠山山麓

いよいよ、最終章です、入笠山山麓です、この時期スズラン祭りが行なわれ、車での入山

規制が表示されてますが、杖突峠からは入れますが、森林伐採と工事で迂回が必要になり

ます、山小屋周辺も今年は開花が遅れておりました。

Dsc00208

ベニバナイチヤクソウ

Dsc00213

殆んど蕾です

Dsc00216

一株のみ開花してました

Dsc00168

山小屋の前に一輪咲いてました、アツモリソウ すこし遅いですね

小屋の女将さんにお話しを伺いました、数年前は沢山咲いてましたが盗掘に会い

すべて盗られてしまったそうですが、また株が増えてきましたので来年は楽しみです

よと言われました。

Dsc00192

ズダヤクシュ

Dsc00187

ミヤマハタザオ(深山旗竿)  アブラナ科

Dsc00188

ミヤマハタザオ

Dsc00181

ハクサンハタザオ(白山旗竿)  アブラナ科

Dsc00199

ハクサンハタザオ

Dsc00203

タチネコノメソウ

Dsc00205

000スミレ?

Dsc00195a

レンプクソウ

Dsc00175

クリンユキフデ

Dsc00179

ラショウモンカヅラ

Dsc00190

ハルザキヤマガラシ

以上で 信州野草めぐり を終わります、3日間お天気に恵まれました事、沢山の

野草達と出会えた事すべてに感謝です。

ご覧戴きまして有難う御座いましたm(_ _)m

2011年6月11日 (土)

信州野草めぐり  八ヶ岳山野草園

今回で3回目の訪問になります、ここでの期待はヤマシャクの大群落でしたが案の定遅すぎ

ました、すべてを見る日程など欲張りですね(笑)  でも終焉でしたがヤマブキソウが待って

いてくれました。

Dsc00149

ヤマブキソウ(山吹草)  ケシ科

Dsc00153

ヤマブキソウ、終焉でしたが見れて良かった。

Dsc00159

ササバギンラン

Dsc00155

エゾタチツボスミレ

Dsc00161

チゴユリ

Dsc00164

ヒレハリソウ

やはり、ここでも花数は少なかったです、入園したのが4時過ぎてましたので早々に鉢植

えを2鉢購入して、今晩の宿泊先 諏訪湖のホテルへ向いました。

アドリブで失礼します

宿泊先の夕食と朝食のです~

Dscf0301

部屋にての夕食、三段弁当でした

Dscf0317

朝食です  日曜日の宿泊でしたがとてもお値打ちでした温泉が気持ち良かった3回入りました

最終日は入笠山方面です。

2011年6月10日 (金)

信州野草めぐり  八島湿原

麦草峠を後にし、 白樺湖を経由して八島湿原に向いました、前回は6月20日に来てますが

やはり花数は少なく、キリガミネスミレはまだ早い様でした、サクラスミレは木道沿いに点々と

咲き続いていました。旧御射山社(もとみさやましゃ)の前の一本山梨が満開で春を漂わせ

ていました。

Dsc00129

ヤマナシ

Dsc00131

クリンソウとヤマナシ

Dsc00117

サクラスミレ

Dsc00137

Dsc00133

ホソバノアマナ

Dsc00135

サンリンソウ(三輪草) これで、一輪草、二輪草、三輪草と揃いました。

Dsc00134

サンリンソウ(三輪草) キンポウゲ科

Dsc00142

ヌカボシソウ (糠星草) イグサ科  似た黒星草あり

Dsc00144

??

Dsc00123

湿原にヤドリギがポツンと

2011年6月 9日 (木)

麦草峠

山荘駐車場を8時過ぎには出発しまして国道299号に出てメルヘン街道を登り続けて10時

過ぎには標高2127mの麦草峠に到着です、ヒュッテで美味しいコーヒーを戴き、前の野草

苑にて散策ですが、Kさんのブログを見たのが2週間前でしたので、チョット季節がずれてい

ました。

Dscf0279

麦草ヒュッテのオーナーさんにカタオカソウ、ツクモグサをお尋ねしましたら

もう遅いですねと言われました、その代わりキタダケソウが咲いてますよ

言われ気を取り直して向いました。

Dscf0283

Dsc00099

カタオカソウ

Dsc00098

残念でした証拠写真です

Dsc00092

ツクモグサ(九十九草)  証拠写真です

Dsc00086

キタダケソウ(北岳草) キンポウゲ科

Dsc00087

キタダケソウ

Dsc00104

エゾキスミレ

Dsc00102

ツガザクラ

Dsc00101

コエゾノツガザクラ

Dsc00089

キバナシャクナゲ

Dsc00090

ハクサンイチゲ(白山一花)  キンポウゲ科

Dsc00094

ミツバオウレン  

Dsc00105

ヒメイチゲ

2011年6月 8日 (水)

信州野草めぐり 下山途中にて B

Dsc00049a

ハルトラノオ

Dsc00061

ヒゲネワチガイソウ (髯根輪違草) ナデシコ科

Dsc00059

ヒゲネワチガイソウ

Dsc00063

ズダヤクシュの蕾

Dsc00075

ゴヨウイチゴ (五葉苺) バラ科

Dsc00070

??

ここからは、自生ではありません

Dsc00076

イカリソウ

Dsc00085

カモメラン

Dsc00078

アオチドリ   去年は蓼科にて自生を見てます

Dsc00081

クロユリ

次は麦草峠です

信州野草めぐり  下山途中にて A

登りは脇目も振らずホテイラン一直線でしたが、下山はゆっくり、壱つの野草も見落とさないよう歩きました。勿論ホテイランに優る野草ではありませんが、健気に咲いていてくれました。

Dsc00068

コミヤマカタバミ

Dsc00054

Dsc00071

クリンユキフデ (九輪雪筆) ダテ科

Dsc00073

Dsc00004

イワセントウソウ

Dsc00055

Dsc00009

コキンバイ

Dsc00065

コキンバイの花後、花弁が落ちています

2011年6月 7日 (火)

信州野草めぐり  ホテイラン

大変お待たせいたしました、6月4日PM7:00過ぎに我が家を出発約5時間かけて茅野市郊外に到着、車中で仮眠をとるが以外に寒く4時前には目的地へ出発、今回の最大の目的は 憧れのホテイランに会う事です永年の夢を叶えてくれましたお友達には本当に感謝しております、有難う御座いました。 

2_dsc00015

Dsc00033

保護のロープが張られてはいるけど、目の前にホテイランが感激です

Dsc00047

撮りやすい場所は二箇所ありますし案内版も

3_dsc00040

アップも撮れる近さです

Dscf0266

コンデジ撮影、一番良い色を出してくれました

Dsc00006 

こうして見れるのもブログでお馴染みのkさんや皆様方の保護活動があるからこそ

ですね感謝です。  当日は山開きの為多くの登山者と一緒に登りましたが携帯

コンデジで止まって撮る方は多くありません、勿体無い~ 下山?して山荘の女将

さんとお話しする事が出来ました、情報も戴きましたが、私の写したホテイランを見て

これは全部ゴミ箱だねと言われ凹みました(笑)

2010年7月 2日 (金)

信州の野草再訪問   ラストページ

Dsc00387

Dsc00388

Dsc00393

 タマガワホトトギス(玉川杜鵑草)      ユリ科

Dsc00399

 シモツケソウ(下野草)          バラ科

Dsc00381

 センジュガンビ(千手岩菲)       ナデシコ科

Dsc00403

 チョウノスケソウ(長之助草)        バラ科

Dsc00402

 コケモモの果実

Dsc00397

 ヤナギラン(柳蘭)           アカバナ科

Dsc00396

 ベニバナヤマシャクヤクの終焉

Dsc00400

 マツモトセンノウ(松本仙翁)       ナデシコ科

 今年どうしても撮りたいキバナノアツモリソウの開花情報を問い合わせて

 いました所、20日頃の予想を戴き19日夜、信州に向かって出発しました

 早朝5時過ぎに目的地到着、写真で見るより小さい感じ、でも本物に感激!!

 まずは、第一目標達成、周辺を散策し、茅野市へ ビーナスラインを北上

 白樺湖、車山高原、霧が峰高原をすぎ、八島湿原へ一周1時間半の湿原散策

 沢山の野草に出会い、第二目標達成、車山スキー場近くのプチホテル花南に

 宿泊、21日は八ヶ岳山野草園に寄りベニバナヤマシャクヤクを撮って、第三

 目標達成、ここでハプニングがありました。カメラのレンズ等が入ったリュックを

 ここに置き忘れてしまったのです。恥ずかしい~、そして信州再訪問が始まる

 のでした。