2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク集

無料ブログはココログ

« 第5回「林健太郎 花 ・写真展」のご案内 | トップページ | 鬼祭りのスナップ(粉だらけ) »

2013年2月12日 (火)

国重要無形民族文化財 豊橋鬼祭

Dsc04546

子鬼の町内練り歩き 2月11日

Dsc04569

:

Dsc04474

薙刀・撞木・赤鬼・黒鬼・青鬼のお面、この様な屋台のお店はここ1店

だけになってしまいました。 数十分後には、ここの様子が変わってしまいます

Dsc04501

豊橋鬼祭りは2月10日・11日に催されます

明日は此処一面が真っ白に!??お楽しみに!!

« 第5回「林健太郎 花 ・写真展」のご案内 | トップページ | 鬼祭りのスナップ(粉だらけ) »

風景」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
昨日お会いしたときに伝え忘れたのですが、
豊橋鬼祭鑑賞のマル秘ポイントのひとつが、鬼の腰に携えた「或るもの」なのです。
その「或るもの」というのは「御幣をつけた棒に刺した橙の実」なんです。
黒鬼を除く各鬼の腰にはこの橙が必ず差してあり、最終的にその実を談合神社に奉納するのが
祭礼の重要な神事のひとつなんです。
そのことを伝えて激写をお願いしたかったのですが、忘れてしまいました…。
来年忘れずにいたら是非その動かぬ証拠を激写&アップ期待しています!

ハニーさん、こんにちは

また一つ勉強させて戴いて嬉しいです、早速以前の赤鬼のデーターを見ましたら1つだけ
御幣と橙が写ってましたので、明日掲示したいと思います
なぜ黒鬼を除く鬼(子鬼もですか?)が付けているのでしょうか?
また教えて下さいよろしくです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第5回「林健太郎 花 ・写真展」のご案内 | トップページ | 鬼祭りのスナップ(粉だらけ) »