2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク集

無料ブログはココログ

« 奥三河にて | トップページ | エンコウソウ »

2012年4月26日 (木)

東栄にて

Dsc00957

イチリンソウ

Dsc00960

Dsc00966

カキドオシ

Dsc00985_2

ニョイスミレ

↓別の場所

Dsc01086

これだけの写真で、名前が分かるでしょうか? 候補だけでも教えて戴ければ幸いです

ナガバノスミレサイシン?でしょうか?  マッキーさんから シハイスミレを候補にあげて戴きました。

« 奥三河にて | トップページ | エンコウソウ »

野草1204」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ♪
ご無沙汰です。
最後の写真、拝見しました。
候補としては、葉っぱの形、葉の裏側が紫色であることから、ナガバノスミレサイシンの他、ヒナスミレ、シハイスミレ(マキノスミレ)があります。<余談:シハイ(マキノ)としたのは、この近辺では、シハイとマキノの中間型が多く、僕自身は区別の必要はないかと考えているからです。>
このうち、側弁基部に毛があるのは、ヒナスミレだけです。最後の写真を拡大しても側弁基部に毛はないので、ヒナスミレは候補から落ちました。
決め手は、1) 唇弁の紋様がナガバノスミレサイシンの方が濃い、2) ナガバノスミレサイシンは距が太く短い、の大きな特徴があり、シハイとは簡単に区別できますが、この写真のみでは1), 2)のいずれも分かりにくく、これ以上の判定はつきませんでした。

追伸です。
ナガバノスミレサイシンの葉っぱは通常こんなに立ちません。従って、シハイ(マキノ)スミレと考えるのが妥当かと思いました。いかがでしょう?

マッキーさん、こちらこそご無沙汰してます、ブログは何時も拝見させて戴いておりますよ。

スミレ博学のマッキーさんからの提供感謝感激です、残念ながら写真はこの一枚しか
撮りませんでしたので申し訳ありません。シハイスミレは未だ実物見たことがありませんので
そうだとしたらとても嬉しいです。葉っぱの位置によっても違いがあること初めて知り勉強に
なりました、ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奥三河にて | トップページ | エンコウソウ »